林檎に牙を:全5種類
顔を売り物にする人生と云うのはプライバシーが犠牲になる。
当人なら覚悟の上だ、自己責任。
しかし、血縁者の身からすれば堪ったものではなかった。


真面目な話、武田大護は自分の顔にコンプレックスを抱えていた。
思春期にありがちな悩みとかではなくて。

不細工と云う訳でもない、むしろ逆である。
シャープな眉に猫科の獣に似た吊り目、大きめの口許には目立つ牙。
華のある顔立ちに身長も高く、集団の中でも目を引く存在。

それは彼の父親によく似ているのだ。
「宍戸帝一」の名でカメラの前に立つ、俳優である父親に。

若い頃から美形が勿体ないほど仕事を選ばず、多様な活動で知られる。
必要とあれば全裸すら晒し、またある時は派手なメイクに奇抜な衣装までも。
仕事熱心と云うか、サービス精神と云うか。
ベテランとして売れている今現在でも変わらないので大したものである。

お陰で生活は豊かでも、顔が売れるほど複雑な心境なのは血を分けた息子だ。
弟も居るが、そうした言葉を掛けられるのは自分だけ。
あちらは母親似なので回避出来ているのが何となく狡いとすら思ってしまう。

どうやっても父親の影がついて回るのだ。
何処へ行っても「似ている」と言われるのが、大護にとって一番忌々しい。


「ダイ、お前は父親ほどガチムチじゃないだろ。似てるとかおこがましいな。」
「ちびもやしのユウちゃんに言われたくねぇわ。」
「ユウちゃんもダイちゃんもさ、いびり合うよりお菓子でも食べなって。」

作家「荒井新月」の孫達は、そうやって愚痴をさらりと受け流す。

幼馴染の公晴と、家へ遊びに行くと鉢合わせる確率が高かった嵐山。
そうして何やかんやで細く長く三人で過ごす仲である。
二人とも小柄で色素が薄く、髪は煮詰めた砂糖を連想させる褐色。
一見すると兄弟のようだが従兄同士。

それらの点も間違いなく祖父譲りだ、昔馴染みなので大護も逢った事がある。
ふんわりした毛並みに丸々した目の公晴は特に似ていた。
老齢の荒井氏も、きっと昔々はさぞ可愛らしい少年だったのだろう。

俳優と作家では立場が少し違うけれど。
そもそも、あちらは物書きなのでメディアに顔を晒さない主義。
仕事の時以外で関心を持たれるのは煩わしいそうだ。
街を歩いても騒がれない辺り、大護には羨ましい限りである。


とは云え、学校生活の方は意外と平和なのだが。

彼らだけに限らず、早生学園は著名人の血縁者がひっそりと在籍している。
幼稚園から一貫している生徒も多く、顔馴染みばかりで居心地が良い。
下手に騒ぎ立てる輩はむしろ「見苦しい」と一蹴される。
からかわれたとしても必要最低限、環境に恵まれたとは自分でも思う。

そうして狭い世界で暮らしている分には良いが、大護には窮屈でもある。
行動力がある性分なので小さく纏まってはいられない。
バイクで遠出もしたいし、いっそ海外にも行ってみたい気持ちも。


「そりゃ僕も賛成、もう帰って来なくて良いよ。」
「俺だってお前の顔見なくて済むけど、腹立つなオイ。」
「そもそも何しに行きたいんだよ、田舎者が都会とかに憧れてるだけ?」
「待て待て、田舎者はブーメランだろ。俺ら地元育ちなんだから。」

甘い顔立ちの嵐山だが、切れ長気味の吊り目で口が悪い。
手厳しい軽口なんてお茶請け代わり。
ペットボトルのジュースを煽りながら、いつもの打ち合いは続く。
空気は決して張り詰めず、だらだらと緩んだままで。

公晴で繋がりが生まれなければ、きっと嵐山とは口を利く事も無かっただろう。
友人だなんて称するのは互いにお断り。
それでも、知人と呼ぶよりはもう少し近いと感じる。

そして二人と一人に分かれても、すぐ側の公晴は呑気なものだ。
止めもせずに何か食べながら傍観者。


「そーいやダイちゃんお父さんさ、仕事あるなら都会に住んだ方が良くない?」
「田舎っちゃ田舎でも関東圏だから通えるし、芸能人ってそんなもんらしい。」

そう云う事で父親は仕事で留守も多いが、家族揃って紅玉街に住んでいる。
反発はしているものの嫌っている訳ではない。
幼い頃なんて、兄弟二人とも愛情不足を感じるどころか過保護だった。
むしろ放任でちょうど良いと思っていたくらい。

父親も此処で育ったので、学生だった頃は地元劇団に居た事もある。
「宍戸帝一が所属していた」と云う宣伝によりそこそこ有名。
芸能界入りした後輩も数人らしいが、大護には関係のない話だった。


にも関わらず、芝居の勧誘をされるのが鬱陶しい。
二番目に忌々しい事。

無責任に二世タレントを勧められる冗談なら昔から浴びせられ続けてきた。
全く笑えない話である。
父親が俳優でも、息子は演技に興味があるとは限らないだろうに。
大護の好きな物はバイクと爬虫類、遊び程度でギターだ。


早生学園にも演劇部はあるが見ないふりで通り過ぎてきた。
人気の高い部活なので、舞台に立ちたい生徒なら幾らでも居る事だし。

公晴と自分が違うと感じるのも、この辺り。
文章を書くのが得意なのも祖父からの遺伝か、脚本担当で演劇部。
プレッシャーなどは感じないのかとも思うが杞憂か。
第一、「似ている」と言われても彼の場合は嫌な気分にならないのだし。

「その血の運命ってやつじゃないかな。」
「ジョジョかよ。」

苦笑いを返して、そこから先の言葉は呑み込んだ。
遺伝の話なんてもう何度も繰り返してきた。
とっくに飽きてしまった事をやる必要なんて無いだろう。

一方で誘われた形で嵐山も演劇部だが、脚本には関わらず衣装係。
好きな事の為だ、誰に言われるまでもなく。

道はそれぞれ、それで良い。


「GWは白雪姫やるから観に来てよ、ユウちゃん舞台デビューだよ。」
「あぁ、小人役か。」
「毒林檎でも食べてろ。」

打ち合った言葉は掠り傷一つ付かずに流される。
そこから生まれる平穏。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ


スポンサーサイト

2017.08.20 
林檎に牙を:全5種類
早生学園高等部
幼稚舎から大学まで一貫している私立、偏差値は中の上。

望月 青葉(モチヅキ アオバ)/♂/176㎝
二年生/演劇部(副部長)
ふんわり癖毛、伏し目がちで前歯大きめ。グレーのウサ耳パーカー。
物憂げで飄々としており、他人に流されない。幼馴染の忠臣が好き。
演劇部では女装が板についてきている。

芹沢 忠臣(セリザワ タダオミ)/♂/170㎝
二年生/帰宅部
ツンツンベリーショートで三白眼、柄は悪いが生真面目な読書家。
皮肉っぽく短気。青葉とは10年来の幼馴染で悪友。

北倉 千紗(キタクラ チサ)/♀/158㎝
二年生/演劇部
青い花のピンで留めた長い髪、黒々とした瞳。
柔らかな物腰ながら欲望に忠実な文学少女。

庄子 公晴(ショウジ キミハル)/♂/168㎝
三年生/演劇部(脚本)
ふんわり褐色の髪、丸っこい黒目の童顔。作家、荒井新月の孫で嵐山の従兄。
人当たりが良く、ちょこまか機敏。マスコットとして可愛がられている。
怖い話が好きで創作怪談のブログが趣味。文系だが運動も得意。

白部 星一(シラベ セイイチ)/♂/175㎝
三年生/演劇部(部長)
毛束太めのミディアム癖毛、アーモンド形の尖った目。食欲旺盛ですぐ空腹。
舞台では悪役が多いが、普段は面倒見の良い先輩。
真っ暗では眠れないくらいの怖がりなので公晴の怪談には辟易している。

嵐山 悠輝(アラシヤマ ユウキ)/♂/165㎝
二年生/演劇部(衣装係)
サラサラな褐色の髪に切れ長の目、線が細い。手先が器用。
興味ない事には恐ろしく素っ気なく、愛想も無い。
反面、大事なもの(人)にはとことん執着し、梅丸に対して嫉妬深い。
*Character by りんごあめ(ういちろさん)

梅丸 灯也(ウメマル トウヤ)/♂/178㎝
二年生/演劇部(大道具係)
ワックスで癖を付けた赤味の髪、一重で釣り目。無表情の強面で不良に見られがち。
黙っていればクールなのだが、訛り口調の所為でいまいち垢抜けない。
独占欲の強い嵐山に振り回されつつも、可愛くて堪らない。

武田 大護(タケダ ダイゴ)/♂/177㎝
三年生/帰宅部
毛束の先が尖った茶系のミディアム。シャープな眉に猫っぽい吊り目。
ベテラン俳優、宍戸帝一の息子。容姿から声質まで似ているので苦労している。
自信家で俺様気質、行動力は人一倍。公晴、嵐山とは幼馴染。



北紅高校
北紅駅前のアーケード街を抜けた先にあり、自由な校風。

早未 遼二(ハヤミ リョウジ)/♂/172cm
二年生/カフェバイト
鳥の巣めいた癖毛に眼鏡、クールで大人っぽい雰囲気ながら眠たがり。
女子から評判は良いが、幼馴染の兄に長年片思いしている同性愛者。
バイトの無い放課後は神尾と昼寝・触り合うだけの仲。

神尾 承史(カミオ ヨシフミ)/♂/181㎝
二年生/劇団所属
無造作な黒髪、伏しがち垂れ目に緩い口許。ラピスラズリのピアス。
いわゆる田舎の権力者の息子。当人にとってはどうでもいい。
独特の価値観と観点の変わり者。色気があり、来るもの拒まずなので遊び相手が複数。
最初から遊び以上にならないと言い渡し、一人ずつ公平なルールを決めている。



庄子 肇(ショウジ ハジメ)/♂/174㎝
職業:英語、フランス語講師/34歳
サラサラの黒髪ショート、筋肉質で細身、細面に切れ長の目。
嵐山と公晴の叔父。庄子家の末っ子長男で姉達とは10歳近く離れている。
沈着冷静と評判の色男だが、隠れサディストで甥達には大人げない面もあり。
現在は隣街に在住、乾専門学校に勤務。

2017.08.20 
林檎に牙を:全5種類
あの本で待ってる

ページを開いて、世界を広げて
そう遠くない昔話
ずっと此処に居るから、待ってるから

たとえ淡い幻だったとしても、忘れないで

  


READ MORE▼

2017.08.20 
林檎に牙を:全5種類
高校生になって最初の夏休みは非常に健全なものだった。
皆が遊び回って浮かれている中で、少なくとも遼二にとっては。

朝から太陽を浴びながら駅に向かい、制服に着替えての労働。
何しろ春から始めたバイトにも慣れ始めたのだ。
長時間のシフトも任されるようになり、楽しくなってきた頃。

学校の後では疲れるものだが、労働だけで一日が終わるのは気楽だった。
ガラス戸の向こう側は目に痛いほどの陽射し。
駅ビル全体はクーラーで涼しく、暑い時間帯を何食わぬ顔のまま過ごせた。
汗だくで冷たい飲み物を求めて来る客には思わず笑みも優しくなる。


今日も混雑する時間は無事に終わり、気温も緩やかに下り坂。
交代の頃を意識すると余計な力も抜ける。

それにしても、8月になって客層の年齢幅が更に広がってきたと感じる。
カフェと云うと若者向けのイメージになりがちだろう。
しかし、モノクロで落ち着いた「Miss.Mary」は人を選ばない。
駅ビルなので、ちょっとした遠出の遊びや旅行などの休憩に使われていた。

勿論、通常の駅利用者にも。
一期一会だけでなく見知った顔が混じっているもので。

無造作な癖っ毛に人形じみて整った面差し、長身の少年が一人。


「あー……いらっしゃいませ。」
「あからさまに目逸らしたね、早未ってば。」

カウンターを隔てて店員と客としての再会。
遼二の不在時は知らないが、神尾が店に来たのは初めてではないだろうか。

“健全”なんて言い表したのは、神尾と顔を合わせない事も意味していた。
何しろ遼二にとって疚しさの象徴。
ただ触れ合うだけの関係であって恋人ですらない。
休日に出掛けたりした事はあっても、飽くまで肌を知る前の話である。

不意に、あの狭い音楽準備室の匂いを思い出した。
こんなにも明るく生気の溢れた場所には似つかわしくない埃っぽさ。

「おれが来ても良いって言ったじゃない。」
「……社交辞令ですよ。」

あれはいつの会話だったか。
確か、別の遊び相手と来ても良いとは言った気がする。
その時は自分と他人のふりをしてくれとも。


この店はカウンターで注文を取ってから席に着くシステム。
いつまでも突っ立っている訳にも行かない。
無言のまま急かされて、神尾もようやくケーキと飲み物を決めた。
オーダーを厨房に伝えた遼二が溜息を吐いたのを気付いたか、どうだか。

「Miss.Mary」はシフォンケーキ専門店。
軽い口当たりで甘さ控えめなので、気楽に立ち寄れるのが売り。

夏の限定メニューはミントとシトラスの組み合わせ。
コーヒーの注がれたカップを添えて、恭しくトレイを渡した。
会計も済ませたが、接客はこれにて終了とはいかず。

注文を伺った時、遼二が溜息を吐いた本当の理由は。


「コーヒーちょうだい。」
「はいはい……」

気前が良い事にホットコーヒーは何杯でもおかわり自由。
ポットを持つ店員は巡回中に呼ばれたら、すぐさま駆けつけねばならない。

軽くなったカップに、湯気を立てながら流線型を描く黒褐色。
お坊ちゃんの神尾が相手だと執事か何かになった気分。
束の間のごっこ遊びで、思わず笑いそうになる。

涼しい店内で熱々のコーヒー自体が贅沢。
優雅な午後、そこにケーキまで付くのだから言う事はないだろう。


「あのさ早未、バイト終わるのって何時?」

質問されたのはそんな時だった。

のんびりお茶する客ばかりで空席も出来るようになってきた頃。
軽い雑談も接客のうちとみなされるので、神尾に足止めされていても問題無し。

「後でアイスでも食べないかな、と。」
「別に良いですけど、僕まだ終わらないから待ちますよ?」
「別に良いよ、おれも。」
「ああ、そうですか……まぁ、コーヒーでも飲んでて下さい。」

曖昧に濁したり、断ったりも手。
実際、神尾の来訪自体をあまり歓迎していなかったのだ。
誘いを受けてしまったのは諦念と云うか。


此方の本心を分かっているのかは知らないが、神尾は一つ頷いた。
そうしてすぐさま鞄を漁り、藍色の背表紙を取り出す。
例の手帳に遼二との約束を加える為。
そんな僅かな時間で忘れる訳でもあるまいに、思わず訝る目になってしまう。

目の前で開かれても、遼二は中身をなるべく見ないようにしていた。
遊び相手との予定やルールが書き込まれているのだ。
魔女の鍋を覗き込むようなもので、そんな恐ろしい事は出来るものか。

尤も、鍋の具材に数えられる遼二が言えた立場でないが。
神尾が誰と肌を重ねていたって知った事でもなく。

「書き留める必要なんてあります?」
「あるよ。何て言うかな、おれは人と約束するのが好きだから。」

その返答も思わぬものだった。

「約束を交わした時点でその人が特別になって、秘密みたいになる感覚が良い。」

こうやって神尾はよく思いがけない事を口にする。
「分かる」とも「何だそれは」とも言い返せなくなってしまう。
そこまで自由に振舞えない遼二からすれば、やはり別の生き物なのだと。


「約束って守らなきゃ意味が無いですけど。」
「そうだねぇ、だから早未も忘れずに来てよ。」

皮肉のつもりが、打ち返されて釘を刺された。
待たせる身になるのは遼二なのだから仕方ないのだけれども。
好きで待つくせに偉そうな。

神尾の席を離れたら、また仕事の顔に戻って給仕に精を出す。
この制服を脱ぎ捨てるまでは。
早いところ片付けてタイムカードを切らねば。
植え付けられてしまった感情も、アイスと一緒に溶けますように。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ


2017.08.06 
林檎に牙を:全5種類


ういちろさんから頂きました、梅丸です。
前回いただいた「血は蜜より甘く」の対にもなってます。

今回は赤と白カラーリングで2色のみだからクールな仕上がりで!
高校生編からほのぼの話ばかり続いてますが、夜は相変わらず激しい二人です。
引っ掻くし噛むし、キスマークもいっぱい。
そんなに露出してる訳じゃなくても、傷って色っぽいです!(*≡∀≡)+.:゜ウヘヘ
梅丸が他人に肌見せないようにしてるのと、嵐山君は海とかプール嫌いだから
行きたくないので余計に…だそうで。
夏でもお出掛けよりお家デートがメインになりそうです。

ういちろさんありがとうございました!

2017.07.25