林檎に牙を:全5種類
五月の空は雲一つない快晴、陽射しも夏に向けて強くなり始める頃。
桜が散れば春なんていつも短命である。

こんな陽気の下で制服姿は暑くて仕方ない。
部活動の場なので正装しなければいけないのだが、流石に限界。
北風より太陽とは良く言ったものだ。
紺青のブレザーを脱いで、嵐山はペットボトルのアイスティーを煽った。


すっかり暖かくなった姫ふじ公園は鮮やかな色の花々で彩られている。
冬にフリーマーケットで来た時とはまるで別の場所だった。
今日はそれだけでなく、はしゃぎ回る子供達の声で騒がしいくらい。

毎年GWには子供向けの祭りが開かれる。
ホールでは早生学園演劇部による舞台もあり、嵐山が居るのはその為。
今年の演目はピーターパン。
なるほど、こどもの日には確かに相応しい。

連休中にまで学校の面々と集まらなくてはいけないなんて。
今まで部活動や集団行動を避けて来た嵐山には面倒事ばかり。

衣装係なら裁縫だけしていられる、なんて浅く考えていた訳でもないが。
公晴に誘われなかったら縁が無かったのは事実。
ベテラン脚本家の孫だからって演劇に興味があるとも限らない。


とは云え、入学して間もない一年生は先輩達の手伝い程度だ。
出入り口で客に挨拶する仕事も終えたばかり。
撤収したら学校に戻らなくてはいけないので、今は貴重な自由時間。

だったら二人きりを楽しむべきだろうに。


「ユウ、悪かったんね。」
「分かってるなら最初から誘ったりするなよ。」

人目から隠れた背後、梅丸の手を抓った。
嵐山の指先は小さく尖った形。
これがまた大変痛い、された方は流石に涼しい顔立ちも歪む。
そのくらいでないと此方だって許せないのだ。

一仕事終えた空腹に屋台のクレープはご褒美。
ゆっくりと甘い物を味わっているのに、空気は少し尖っていた。

誘うな、の言葉は嵐山に対してではない。
寧ろ二人なら望むところ。
問題は、先程まで居た「三人目」の事である。


劇が終わって見送りの中、梅丸が観客に紛れていた男子を引き止めた。
黒羊のようなふわふわした髪に眼鏡。
「早未」と呼ばれていた彼は中学校の同級生。
三年生の時にクラスメイトだったが、嵐山からすれば記憶に薄い。

そもそも他人に興味が無いので顔と名前を覚えにくいのだ。
こんな曖昧な認識しかない相手と談笑とはいくまい。
一緒にクレープを齧ったのも短い時間、早未も察してか早々に去った。

後に残されたのは嵐山と梅丸、微妙な気まずさ。
本当なら二人きりを愉しむ筈だったのに。


梅丸にも付き合いがあるのは分かっている。
しかし、自分の知らない所で築かれたものだと思うと腹立たしい。
嫉妬だけは大きく膨れ上がる。

毎度なので梅丸だって勿論分かっているだろうに。
お仕置きを含めて受け入れているのだ。
執着される事が嬉しいと、いつだったか言っていた事を思い出す。
嵐山の方だってもっと求めてほしいのは同じなのに。

悪かったと思うのなら、願いの一つも聞いてくれても良いのではないか。


「ん、言ってみなね。」
「じゃあさ……、金魚すくい付き合ってよ。」

きっと多少の我が儘や無茶を申し付けても、梅丸は承知しただろう。
それでも今の望みはこんな事で充分だった。
先程の埋め合わせさえしてくれれば、他には何も。

相変わらず周囲には子供達や他の生徒達で騒がしい。
擦り抜けるように、そうして連れ立って金魚の屋台へ向かう。

ペットボトルを捨てて、クレープも腹の中、両手は自由。
敢えて繋がなくても一定の距離。
こうしている間にも過ぎていく自由時間が惜しい。

やっと梅丸と二人きり。


四角いプールの中、赤や黒は不規則に泳ぎ回る。
ホームセンターやペットショップに置かれた水槽とは違う印象。
真上から見る金魚は顔が判らない。
あまりにも鮮やかで儚げで、何だか幻想的にすら感じる。

「ユウ、どうしたん?」

声を掛けられても、ポイの柄を握ったまま嵐山は動けずにいた。
輪に貼られた和紙はまだ濡れてもいない。

一回100円だからと小銭を出した後。
愛らしい金魚は欲しくても、勝負もただ一度きりと決めた。
きっと欲が出て次々と挑戦したくなってしまうから。
賭け事は際限が無くなるから恐ろしい。


「灯也こそ何だよそのザマ、10秒で終わったじゃないか。」
「初めてやったんだから仕方ねぇべ。」

ポイを構えた梅丸は様になっていた。
運動神経が良い方なので、さぞ上手いと思いきや期待外れ。
しかし初挑戦ならこんなものかと勘弁してやろう。
いつも祭りは食べ物の屋台ばかりで、金魚すくいは眼中に無かったらしい。

かと云って、実は嵐山だって自信がある訳でもなかった。
動けずにいる本当の理由。

手先は器用だが、物を作る事に対しての場合である。
生き物を捕らえるなんて全く別の技術が必要とされるのだ。
梅丸に意地悪を言った手前、ますます下手なところは見せたくない。


着物の裾を翻すように、飽くまで優雅に金魚は水中を舞う。
不用意にポイを近付ければ鬼ごっこ。

踊り子を捕まえようとする事自体がとても欲深く思えてくる。
金魚達は此処に居てこそ映える錯覚すら。
人々の手に渡る為に生まれた命でも、行き先が金魚鉢では狭くて寂しい。

「あ。」

考え事をしていたものだから、つい手が滑ってしまった。
水飛沫が跳ね上がって少し驚いた所為もある。

哀れ、嵐山が振るう前にポイはプールに落ちた。



「もう一回やるなら俺が奢ってやんのに、あんなの無効だんべ。」
「良いって言ってるだろ、しつこいな。」

そう申し出る梅丸を引っ張りながら、金魚の屋台を後にした。
挑戦する前に終わってしまった狩り。
たった100円でも損は損。

恥も掻いたし未練は確かにある。
けれど、此れで良かったとも嵐山は思ったりもする。
後でまた学校に戻る事になるのだ、金魚なんて提げていられない。
幾ら祭りでも浮かれすぎにも程があるだろう。


つい赤い色に惹かれてしまう、昔から。
身に付けたりする物なら青や紫が好みだが、それとは違う意味合い。
理由なんて口に出せるものか。

見上げた先、陽射しを浴びて一際明るくなった梅丸の赤い髪。
毛先が尖っているので燃えているような錯覚すら。

惹かれたから欲しくなった。
再会するまで何年も探し求めていたのだ。
掴まえられたのは、奇跡に近い。


「どうせ奢ってくれるなら別の物が良いな、他の屋台行きたい。」
「ん、色々見るべぇか。」

集合時間までもう少し。

人々が入り乱れる祭りの会場は、あのプールに似ている。
狙いを定めた筈の金魚がどれだか判らなくなりそうな。
離すものかと、後ろ手で裾を摘まんだ。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

スポンサーサイト

2017.05.13 
林檎に牙を:全5種類
あの本で待ってる

ページを開いて、世界を広げて
そう遠くない昔話
ずっと此処に居るから、待ってるから

たとえ淡い幻だったとしても、忘れないで

  


READ MORE▼

2017.05.13 
林檎に牙を:全5種類


ういちろさんから頂きました、嵐山君です。
あかいクレヨン いちばんさきに」より鏡に向かってる寝起き姿を。
普段トゲトゲしてる子がこうして隙だらけになってるのは萌えますね。
寝癖可愛いです(*≡∀≡)+.:゜ウヘヘ
パステル調の色遣いにとげちゃんもプラスされて、ますます可愛い!

嵐山君が起きる前の梅丸SSはういちろさん宅からどうぞ。
無防備に寝姿晒してるのが可愛くて、敢えて触れないところが愛を感じます…!

梅さん、とげちゃん、時々おこんじょ14【交流コラボ】

ういちろさんありがとうございました!

2017.05.03 
林檎に牙を:全5種類
ただでさえ不機嫌な表情ばかりの嵐山に苦味が増す事はある。
梅丸に関しては勿論だが、他にも事例なら幾つか。

例えば一つ挙げるとするなら、朝の時間帯だとか。
寝起きが良くない上に、寒さにも弱い。
肌寒い季節はなかなか暖かい布団から出られずに居た。
少なくとも顔を洗うまでは半覚醒、眉間に皺が寄ったまま鏡に向かう。


だったら、いつまででも寝ていられる休日ならましか。
かと思えばそうでもない。

と云うのも、やはり原因は。


161021_1641~01
illustration by ういちろさん

さらさらした褐色の髪は寝癖が付くとどうも直りにくい。
洗面所で冷たい水を大雑把に頭から浴びて、嵐山は顔を上げた。

俯いたままタオルに手を伸ばすと、小さな容器が目に入る。
梅丸が置きっぱなしにしていたワックス。
使ってみるかと訊かれた事もあったが、あの時は素っ気なく断った。
それは何だか相手に染められるようで。

滴る雫をタオルで吸い取り、左右に跳ねていた髪は元通り。
頬に張りつく毛先が冷たくてもこれで良い。

起きた時に見られてはいるだろうけれど、あまり隙を晒したくない。
梅丸の前ではなるべく格好を付けていたかった。
「可愛い」と言われるのはむず痒くても、彼になら嫌ではないのだ。


身支度を整えてから、リビングに通じるドアを開けた。
廊下で嗅いだパンの焼ける匂いが濃くなる。
嵐山の気配には気付いていたのか、それとも今初めてだか。
トースターの前で梅丸が振り返った。

「おはよ、ユウ。」
「ん……お前は相変わらず早いな……」

緩く頷いても、挨拶は返さず。
嵐山の言葉は感心と云うよりも柔らかい棘。


規則正しい生活が身についている梅丸は習慣が乱れない。
休日でもそれほど夜更しは出来ないし、起きる時間も平日と同じ。
どんなに嵐山が激しく甚振っても。

切り替えが早いのは長所だろうけれど、相手からすれば拍子抜け。
目が覚めた時に一人きりは少し寂しい。
此方はまだ浸っていたいのに、体温や匂いだけ置き去り。
寝惚け半分で絡まっても良いのではないだろうか、恋人同士なら。

「朝飯できるまで寝てて良いんに。」
「灯也こそ寝てろよ、一応お前の方が客なんだから。」
「ん、でもこれくらいはやんねぇと悪ぃし。」
「別に良いって、そんなの……」

真意が伝わらないので、やはり棘は刺さらなかった。
朝食の事より自分を構って欲しいのに。

なんて、そんな我が儘はとても言えやしない。
聞き分けの無い子供じゃあるまいし。
それに梅丸が台所に立つのは嵐山の為だ、結局のところ。
文句をつけるのは好意を無下にする事になるだろう。


お菓子に限らず、料理は苦にならず好きな方。
なので泊まりに来る日は梅丸がよく腕を振るってくれる。

朝食のメニューは簡単な物。
昨夜の野菜スープにふんわり焼けた卵、カップには紅茶。
食が細い方の嵐山にとっては充分すぎる。

前から思っていたが、梅丸が作る物は少し量が多い。
二人で分け合うので何とか完食できるのだが、いつも満腹。
アップルパイだって毎回ホールサイズ。
此ればかりは残したくないので頑張って平らげている。


「ユウも早く来なね、冷めるべ?」

やはり梅丸が腹を空かせているだけかもしれない。
一足先に着席して、しっかり食べ始める用意をしている。

手には、良い色とも焦げかけともつかないトースト。
しかし裏面は真っ白なまま。
そこに気付いて、嵐山は内心慌てて声を掛けた。

「……ちょっと待てよ、ジャム塗らないの?」
「見つかんねぇし、あんまし他所の冷蔵庫漁るのも良くねぇから。」
「簡単に諦めるなよ。」
「えっ、何なん?」

それでは意味が無いのだ。
構わずトーストを齧ろうとする梅丸を制して、嵐山が冷蔵庫を開ける。

負けたような、観念したような、そんな心境で。


やがて食卓に置かれる瓶は二つ。
使いかけのブルーベリーと、まだ封が開いてない苺。
本当は梅丸が見つけて喜ぶところを眺めてやろうと思っていたのに。

「苺の方が好きだって言ってたろ、前に。」
「わざわざ買ってきといてくれたん?」

半分失敗した気がするサプライズは妙に照れ臭い。
いざとなると直視できなくて、嵐山は黙々と自分のパンを取った。
トーストはブルーベリーとクリームチーズに限る。
甘ったるい苺は梅丸専用。


白い皿に卵の黄、トーストの茶、ジャムは赤と紫。
眠かった目に今朝の食卓は鮮やかな色が並ぶ。

梅丸と一緒に住んだら毎日の物になるだろう、きっと。
そう考えているのは嵐山だけではないと思いたい。
何も気兼ねなく、好きなものに囲まれて過ごせる事を焦がれているのは。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

2017.04.28 
林檎に牙を:全5種類
鎧を脱ぎ捨てるとなんて身軽なのだろうか。

そう実感しながら、嵐山は午後の空を見上げる。
ロング丈のコートばかり着ていた冬はいつの間にか過ぎ去った。
もう太陽の下では要らなくなって、クローゼットの中。
眠たくなるほど麗らかな春の到来だ。

枯れたような並木道にも花が咲き、初めて桜だと思い出した。
視界一杯、見事に施された薄紅の化粧。
枝の伸びた上空だけでなく、零れた花弁で足元までも色付いている。


花を眺めているとつい無言になりがち。
そんな中、ふと視線を戻した嵐山は意地悪に笑った。

「間抜け面。」

とは云え、隣の梅丸に投げ掛けた声は冷たくない。
当人だって否定は出来ず。
よほど見惚れているのだか、緩み切っていた口許。
嵐山が下から手を添えて閉じさせた。

「閉じてろよ、誰も見てないからって気ぃ抜け過ぎ。」
「ん、上向くと口開いちまうもんだべ。」

言い訳一つの後、忠告通りに梅丸は口を引き結んだ。
クールそうに見えて意外と素直。
特に嵐山の言うことはよく聞くのだ、最初からそう云う関係。


二人きりの週末、ちょっとそこのコンビニまで。
いつか夏の深夜に浴衣で来た道。
季節が巡って距離も近付いて、今はとても穏やかな気持ちで歩いている。
春の陽光は後ろ暗かった物すら溶かし去ってしまう。

暖かくなって梅丸も軽装になったが、ワイン色のストールは外さない。
お気に入りだとかお洒落だとかは建前。
嵐山が首筋や鎖骨に刻んだ痕を隠す為だ、本当は。


こんな心地良い暖かさも束の間。
明日からは雨の予報、また肌に沁みる寒さが戻って来る。
桜もすっかり洗い流されてしまうだろう。
見頃は今日まで、コンビニまでの散歩は花見も兼ねて。

確かに桜の名所もあるが、わざわざ遠出するほどでもあらず。
実のところ嵐山はそこまで好きと云う訳ではなかった。

同時期に咲く桃も、あまり見ないふりをして素通りしてきた。
花自体に罪は無いが、嵐山にとっては仕方あるまい。
三月三日の雛祭り生まれ。
コンプレックスが刺激されて、負の感情が湧いてしまうのだ。

「木に咲く花より、僕はもっと小さい花の方が良いな。」

誰もが見上げてばかりになりがちな季節、そっと視線を下げた。
春は何も桜だけのものではないのだ。
木々の根元にはタンポポやシロツメクサなど野花も。
薄紅で埋め尽くされた土の上、違う色彩を持つ。


「葡萄に似てるんね、それ。」
「食べ物から離れろって。」

青や紫が好きな嵐山のお気に入りはムスカリ。
小さな花は丸々した鈴の形。
一本に沢山実っていると、梅丸が言う通り葡萄を思わせる。

それから。


「ユウ、これも好きだんべ?」

どうして分かるのだか。
ふと梅丸が足を止めて、呼び寄せて指差した花。

肩を寄せ合うように咲いていても、雑草なのでささやかなもの。
それこそ注意しなくては見落としてしまうほど。
これまたとても小さくて愛らしい水色の花。
ミニチュア版の忘れな草と云ったところで、よく似ている。

尖った性格とは裏腹に、可愛い物が好きな事。
知り尽くされているのは嬉しい反面、気恥ずかしさもある。
嵐山は素直に頷けなかったのはそう云う理由。

「そりゃ好きだけどさ……これ何だっけ。」
「キュウリ草な、葉っぱ揉むとキュウリの匂いするから。」
「安易っていうか可愛くない名前だね。」
「いや、まぁ、ハルジオンの貧乏草よりマシだがね。」


桜の根元、揃ってしゃがみ込む。
雑草をまじまじ見つめるなんて小学生の頃以来か。

いつもなら一人で行く、通い慣れた道。
こうして足を止めるのは梅丸と二人だからだろう。
何でもない事すら談笑の種。

友達なら少なかったけれど、嵐山はそれまで孤独でなかった。
昔から近所には和磨も居たし、公晴の家だって。
ただし、後者は「桜の下には死体」なんて怪談を始めそうだ。
都市伝説でなく立派な文学作品が始まりらしいけれど。


真下に居るので、降りしきる薄紅の雪を浴びる。
そうしていると花弁が一片。
やはり口を開けていたものだから、梅丸の口に舞い落ちた。

「だから閉じろって言っただろ。」
「ん、でも甘い気がする。」

慌てたり吐き出したりせず梅丸は呟く。
確かに桜にも蜜はある、鳥が寄って来るのはその為だ。

濃桃をした舌の先、柔らかな花弁。
そのまま梅丸の体温で溶けてしまいそうな儚さ。
妙に艶っぽくて心臓が鳴る。


「あ。」

一呼吸の間に、梅丸は花を呑んでしまった。
嵐山も味わってみたくて密かに落ち着かなくなっていた矢先。
その舌ごと絡め取ってしまいたかったのに。

キスしたい気持ちは置き去り。
やり場を失っては、どうすれば良いのか。


「ユウも桜食べたかったん?」
「別に……、それに外じゃキスとか出来ないだろ。」
「機嫌直しなね、コンビニで団子買ってやるから。」
「最初から買うつもりだったろ。」

疚しいような、苛立つような。
何となく梅丸の顔を直視できなくて立ち上がった。
急なものだから脚が痺れるのも構わず。

そんな嵐山を宥めて、梅丸は袖を引く。
実に手慣れた仕草で。

子供じみているが、引かれるまま歩くのは悪くない。
眩しい日差しと花吹雪の中では目を細めずにはいられず。
誰かに見られたってどうでも良い気分。

キスは家に着くまで取っておこう。
もう桜なんて消えて、団子の味だろうけれど。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

2017.04.16