林檎に牙を:全5種類
視界一杯の青が今日は目に沁みるくらい眩しい。
なんて恨めしい事か、全く。

サイクリングロード沿いの土手、寝そべったまま忠臣は空を睨んだ。
夏の陽射しは容赦なく肌を刺してくる。
すぐ横には倒れた自転車。
籠のコンビニ袋は引っ繰り返ったどころか、潰れたかもしれない。

今から青葉の家に行くつもりだったのに。
どうしたものか、どうしようもない。


忠臣が不幸な事故に見舞われたのは、つい先程である。
別に車と衝突した訳ではない。
自転車は振動に弱い、籠から袋が飛び上がったのは不意の事。
慌てて手を伸ばして捕まえたら世界が傾いた。

走行中に上半身のバランスが崩れるのは大変危険。
そうして自転車ごと土手に転倒して、今に至る。


不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心

仰向けのままでいると教科書で習った短歌が頭を掠めた。
今の忠臣もそんな気分だ、ある意味。

事故直後こそ全身が痺れてしまって何も考えられなかったのだ。
どうでも良い事が浮かぶ辺り余裕が出てきた。
時間が経てば痛みも薄れてくる、実のところ腕も足も動く。
擦り傷くらいあっても部活で慣れているし。

問題は、折角守ったのに台無しになってしまった袋。
全てが無駄になっては虚しくもなる。
起き上がる気力を失い、忌々しさで溜息が漏れた。


「うわっ、忠臣生きてる?」


サイクリングロードから降って来た声。

失態を晒したくは無かったが、来るのではないかと思っていた。
ブレーキを切る音で彼の愛車は行儀良く停止。
パーカーのウサギ耳を跳ねさせて、青葉が駆けてきた。


生真面目な忠臣は常に五分前行動。
連絡も無く大幅に遅刻すれば、近くまで探しにも来る。
二人の家を繋ぐルートなら決まっているのだ。
そもそも大した距離でもなし。

流石にこんな事故は想定外で驚いたようだ。
助け起こされて、忠臣の頭から肩からと雑草の緑が散る。

「え、ちょっと、何してんの?」
「別に、石川啄木になりきってただけデス。」

不貞腐れながら、無愛想な説明を一つ。
伝わる筈もなく青葉はますます眉間の皺を深くした。
尋問はそこまでで謎のままにしてくれるのは彼なりの親切。
それで良い、聞き返されても困る。

何があったか、なんて見れば大体分かる事だろう。


「……あ。」

拾い上げたコンビニ袋、その中身。
視線を落とした青葉が思わずとばかりに一声漏らす。

腰が軋む錯覚を覚えつつ、もう支え手無しで立ち上がれる。
忠臣も確認の為に覗き込んだ。
祈っても遅いと覚悟を決めて、恐る恐る。

逆さまになった苺ショートケーキ。
蓋が外れてないだけましだが、透明パック越しに惨事。


「……悪ぃ。」

謝罪を口にしたのは、苦い顔の忠臣。
青葉に食べさせるつもりでコンビニに寄って来たのに。
新しく買い直すにも何もかも今更。

むしろ投げやりな気分。
やはり約束は取りやめにして帰りたいくらい。


こんな時でも青葉の伏し目は思考を読ませない。
先程までの無言を破って、ふと口許が笑う。
忠臣の腕を取ると、土手の夏草へ今度は一緒に座り込む。

「傷んでないなら大丈夫だよ、ケーキ食べよっか。」

何でもないとばかりに軽々と。
袋をランチョンマット代わりに敷いて、膝の上。
いそいそと飽くまで楽しげに準備を始める。


「はぁ?下手な慰めならやめてくれマス?」
「まぁまぁ、折角だし。」

パックを開くと、一回転して形の崩れたケーキ。
店頭では澄ました顔でスイーツコーナーに並んでいたのに。
着飾ったクリームのフリルは事故で溶けてしまった。
今や辛うじて立っているかのような姿。

けれど、味は変わらない。

備え付けのフォークで青葉が苺を救い出した。
すっかりクリームに埋もれていたので、ほとんど真っ白。
噛み付かれて、やっと本来の色。
鮮やかに赤い断面から果汁が滴って甘く匂い立つ。

「ほら、美味しいよ?」
「苺は最後派なんデスけどね、本当は……」

半分は差し出されて、忠臣の眼前。
散々太陽を浴びた後で瑞々しい果実は誘惑だった。
喉が鳴るのを隠し、乱暴に齧り付く。


形が悪くなったくらいで食べ物粗末にするな、と云う事か。
否、単に青葉は嬉しかったのだろう。

ケーキの意味なら彼が一番よく知っている。

「ハッピバースデー僕ー♪」
「オレは歌いマセンからね?」


夏休みで家に籠りきりも飽き始めた頃、幼馴染は誕生日を迎える。
春生まれの忠臣に追い付く日。

軽く祝いの言葉だけ贈るつもりだったのに、大袈裟な事になったものだ。
15歳は失態の思い出も加わってしまった。
忘れてくれと言っても、きっと無駄なのだろう。
甘ったるいケーキを頬張りながら、忠臣はますます苦い気持ちで笑う。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ


スポンサーサイト

2015.07.29