林檎に牙を:全5種類
日溜まりの部屋には鼻歌がよく似合う。
陽光を浴びた透子の頬に、長い睫毛が影を落とす。
そうして時折、唇にも詞。
今は一人きりなので何も気兼ね無く、穏やかな三月の真昼。

開かれたままの窓に風、透子の歌にカーテンも踊る。
折角の桜の季節でも残念ながらマンションに樹は無かった。
眺めた青空、遠くに薄紅の彩り。

厳しかった寒さの終わりに人は浮かれる、透子もまた。

頭の中、幼い頃から習っていたピアノを奏でながら。
しかし叩いているのは鍵盤ではない。
軽快に指先が舞う下、パソコンのキーボード。
モニターには出来たばかりの歌詞。


透子のネット上の顔は、VOCALOIDのプロデューサー。
動画サイトでは「竜生P」の名を持つ。

基本スタイルと云えば狂気を帯びたホラー調。
透子の手に掛かれば、天使と呼ばれた歌姫さえも仄暗い声で笑う。
どれも背筋をざわめきが駆ける旋律。
アングラ系なので万人受けせずとも一度耳にしたら離れない。
故になかなか中毒性が高く、固定ファンも居る。

そして、もう一つ得意手が女性デュエットの百合物語調。
夜毎、少女の夢に恋人の姿で現われるサキュバス。
泡と消えた人魚姫に愛を誓い、遺された声を抱いて生きる魔女。
切ない悲恋は、微かに温かな余韻を残して締め括られる。

ホラーも恋物語も一見全く違うようでも、どちらも幻想の色。
それこそが透子の生み出す音の武器である。


と云うと、如何にも夢見がちな乙女を想像するだろう。
聴き手からすれば、ゴスロリでも着ていそうなイメージを抱くもの。
しかし、飽くまで顔が見えないからの話。

実際の透子は、黒地に蓮が描かれた長袖Tシャツとタイパンツ。
濃いキャラメル色のお団子頭にヘアバンド。
服装だけでなく、部屋もインド染めの布で異国情緒の匂い。
アジアンショップへ通い続けた賜物。
エスニックが身近になった時代、入手も容易くなったものである。

それはそれで同級生の女子達の中では少々風変わり。
透子にとっては普段着でも、恰好によっては何かのキャラクターに見える。
浮世離れしている、とはそう云う意味でもあった。


勿論、同級生の女子達と同じく甘い物も好きだけど。
そんな訳で小腹の空く時間。

突然鳴り響いたインターホンに途切れる鼻歌。
ケーキのお裾分けに訪れた早苗を、透子は快く部屋に招き入れた。
今日のお茶の時間は愉しいものになりそうだ。



青み掛かったセラドン焼の湯呑み二つ。
透き通る琥珀色は流線型を描き、バニラの香りが注がれる。

ナイフを立てられたのは、まだ少し温かい苺のパウンドケーキ。
華やかな見栄えでなくとも綺麗な焼き色が空腹に沁みる。
紅茶と混じり合って、甘い匂いで溢れるテーブル。

「丁度甘い物食べたかったんだ、嬉しい。」
「良かったぁ、入学したらいっぱい持って来ても良い?」
「そうか……早苗ちゃん、製菓学校だったね。」
「わたしは製パン志望なんだけどね、一年生ではお菓子も作るの。」

一つ二つ、交わす声は柔らかい。
しかしフォークを握った意味も忘れておらず。

切り分けられた断面からは深紅の汁が滲み出す。
とろり濃厚で熱い苺の蜜。
皿に零れた一滴すら惜しくて、ケーキの欠片で掬って頬張る。
口一杯に、バターの香りと果実の甘酸っぱさ。

「うん……、美味しい。」

素直に頷いた透子を見て、作り手は嬉しそうな表情。
微笑んだ早苗の唇も染まって深紅。
自分でも判ったらしく、手で隠した陰で小さく舌舐め擦り。

ほんの僅かな間の仕草でも妙に透子の目を奪う。
普段可愛らしい印象が強かっただけ、不意の艶は心音を速める。



背中を向けていたので、気配に気付くのが遅れた。
玄関のドアの重い金属音。
振り返らずとも判る、由紀が帰って来たのだ。


「お帰り……、お茶飲む?」
「要らない、またすぐ出るし。」

由紀の分も湯呑みを用意しようとして、止まる。
冷めた口調なんていつもの事。
気にする必要も無い筈なのに、今のは僅かに棘も感じた。

原因があるとすれば。
会釈する早苗に、陰のある視線を返す由紀。


また、此の空気だ。

今度こそ気の所為ではない確信。
透子も早苗とは逢ったばかりで、よく知っている訳じゃない。
まして、由紀など接点なんてほぼ無い筈なのに。

見えない壁に苛立ちを覚えた。
此の感情は、果たしてどちらに対してか。


「……出掛けるって、また遊び?」

広がり出したモヤが気持ち悪い。
少しでも吐き出そうとして、無理やりに開いた口。
そう、透子にとってそれだけの言葉だった。

応えなんて要らなかったのに。
由紀の唇が、作り笑いで残酷に歪む。

「女相手に本気になってる人と、一緒に居たくないだけ。」

覗いていた刃はとうとう抜かれた。
凍った空気で息が出来ない胸を、深々と抉る。



「あ……ッ!」

しかし、次の瞬間は予想外。
立ち上がって部屋を飛び出したのは早苗だった。

どうする、と考えるまでもなく透子の身体が先に動く。
裂かれたばかりの胸は血が溢れそうな痛み。
それすらも構っていられずに、すぐさま追い掛ける脚。

跳ねるように駆ける早苗の後姿は、やはりウサギを思わせた。
こんな時ですら見蕩れそうになっている自分が可笑しい。


← BACK   NEXT →



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 百合小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012.03.12