林檎に牙を:全5種類
*他作品と同名キャラも居ますが、パラレル設定です。
日照雨神社
暴れる妖から民間人を護る警備組織。
霊魂と契約を交わし、自らの肉体に憑依させる討伐専門。


渡(ワタリ)/黒狐(♀)
外見24歳/身長:158cm/武器:斧/誕生日:1/13
人間だったが、大怪我で虫の息だったところを黒狐として蘇る。
常識人で姐さん気質。
斥候術に優れており、窮地でも冷静な判断により無駄が無い。



本丸(ホンマル)/銀狐(♂)
19歳/身長:178cm/武器:針(種類・用途は様々)
銀狐の総大将の息子、昔から渡の世話になっており現在は恋人関係。
長い銀髪の美しい外見に似合わず中身は幼く涙脆い。
斥候術に優れており、足が速い。


芳坂 紫苑(ホウサカ シオン)/人間(♀)
28歳/身長:164cm
下手に構うと危険な瑠夜を制御できる希少価値の人材。
キツいくらい几帳面で真面目、でも笑い上戸。

従者:瑠夜(リュウヤ)/幽霊(♂)
外見14~15歳/身長:154cm/練成武器:刀
瑠璃の指輪に憑いた霊。
彼女と契約するまで持ち主の血を欲して取り殺してきた猟奇的な少年。
普段もボソボソと棘のある喋り方で無愛想。


乳ヶ崎 浩気(チガサキ コウキ)/人間(♂)
26歳/身長:182cm
逞しい体格に反し、家事が得意な良妻賢母の世話好き気質。
紫苑とは姉弟のように育ってきた間柄。

従者:花火(ハナビ)/吸血蝙蝠(♀)
外見20歳前後/身長:162cm/練成武器:傘
血石の耳飾りに憑いた霊獣。
人が良いので流されやすいが、意思も毒もしっかり持っている。


佐谷 千之助(サヤ センノスケ)/人間(♂)
29歳/身長:168cm
名の知れた使役系討伐師の家柄出身。
火が点くと激情的な自信家、農業の熟練者でもある。

従者:遠雷(エンライ)/大蛇(♂)
外見22~23歳/身長:172cm/練成武器:弓
蛇紋石の腕輪に憑いた霊獣。
冷静かつ素直、知恵者でもあり毒や薬に詳しい。

+

臥龍
小さな泥人形から、生身に近い人形まで取り扱う一団。
死者の魂を生前の姿に似せた人形に宿らせて家族や恋人に高額で売りつけたり
人形を奴隷や兵士として売り払ったり、善行も悪業も勝手気侭に金銭次第。



深砂(ミシャ)/地龍と人間の混血(♀)
23歳/身長:156cm/術:人形の遠隔操作/誕生日:10/14
若手の人形職人。
龍の血が目覚めてから冷めた性格になりつつも、根は情愛が深く寛容。
食欲と愛情が混線しており、殺して食べてしまいたいほど和磨を愛している。


和磨(カズマ)/地龍(♂)
外見17~18歳/身長:182cm/術:人形に憑依
深砂の恋人で、美学に拘る芸術派の人形職人。
甘い風貌ながら嫌味な口調が目立つ変わり者、深砂にだけは従順。
自らが人形に憑依して戦う事もあり、流血沙汰も快楽。

従者:昕守 進之介(アサガミ シンノスケ)/球体関節人形(♂)
外見17~18歳/身長:181cm
黒瑪瑙に憑いた霊(人形の左目)。
人形なので表情は変わらなくても感受性豊か、素直で飾り気が無く純情。
製作者である和磨とは何だかんだで気が合う。
*Character by 月に照らされた魚(あやさん)

+

虫使い
風雅(フウガ)/半妖(♂)
外見20代半ば/身長:172cm/術:虫に関する物全般
術を極めるあまりに肉体を虫と同化した高名の虫使い。
普段は隠しているが、昆虫のような目を持つ。
喋りは軽く付き合いやすい性格、派手好きのゲテモノ好き。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
<魂石/タマイシ>
此の世に未練を残して死んだ霊獣や幽霊が憑いた石。
必ず「出会う事で心残りを果たせる」者の手に渡り、運命的な縁により主従関係を結ぶ。
彼らが主人に力を貸すのは成仏したいが為。
霊魂は同士、雨・雨冠の名の者、物質、契約を交わした主には触れる事が出来るが
それ以外(他の人間や通常の妖など)は擦り抜けてしまう。
憑依状態でも他の霊魂に触れる事は可能。

<討伐師>
使役系:妖と契約を交わして使役し、術を以って魔に立ち向かう戦法。
      使い魔を手懐けて状況判断さえ出来れば、当人がダメージを受ける事は少ない。
      討伐方法としては此方が一般的。

憑依系:主に実体を持たない霊魂と契約を交わし、自らの肉体に憑依させる戦法。
      憑依時では肉体が気候に左右されない状態に強化され、外見も霊魂によって変わり
      両者の霊力で錬成した武器を手にして戦う。
     武器は物理的な物ではないので持ち運びの必要も無く、形の無い物も破壊できる。

<妖狐>
赤・白・金・銀・黒の5種から成る霊獣。
最高位の妖力を誇る霊獣の代表格であり、生真面目で厳格な気性。
同等の妖力を持ちながらも欲望に忠実な龍とは相容れない場合が多い。

黒狐:妖狐の中では一番少なく、北斗七星の化身で「寛」を司る。
銀狐:美しい外見をしており、月の化身で「癒」を司る。

<龍>
火・水・風・地の4種から成る霊獣。
総じて角の本数=力とされ(通常は2本・雨冠は3本・雨は4本)、多淫の気がある。
子供のうちは猫程度でも、成長すると大型自動車ほどの大きさ。
それぞれの属性の場所を棲家とし、そこを離れると半化けの姿に変わる。

地龍:地中を自在に泳ぎ、滅多に姿を現さない代わりに召使として泥人形を作って操る。

<虫使い>
虫を育成して意のままに操る術師で、赤い目を持つ。
養蜂(蜂蜜)や養蚕(絹)から、猛毒を持つ虫による暗殺など職種は様々。
名前に「虫」を含んだ字を当てられる習慣がある。

<天狐/テンコ>
各々の狐の総大将で、1000年以上生きて神通力を得た者。
ランクは赤、白、金、銀、黒の順。
皆一様に四本尻尾と金色の千里眼を持つ。

*神や力のある妖には名前に「雨」の字が付けられる。
 雨冠の漢字が含まれる者はランクが一つ下。
*半妖は生殖器の機能が鈍い。
 深砂のように、混血の場合は妊娠の確率が低くなるだけなのだが
 風雅は人間から虫へと無理な肉体変化をしたので皆無。
スポンサーサイト

2009.02.10