林檎に牙を:全5種類
体育館のカーテンを開けると、ガラスから冷えた夜気が滲み出す。
まだ暮れ時が早く冴えた四月の空。
かつての薄い青も、もうすぐ女王のドレスと同じ色になる。


いつだって舞台の上は別世界。
現実に戻って来た童話の住人達は、既にそれぞれ学生の顔。
青葉も魔法が解けるように変身。
冷酷なる女王から、グレーの野ウサギへ。

高校生になってもウサギの耳が生えたパーカーは健在。
お気に入りは変わらない。
ウサギがマークのブランドなので、似たデザインは量産されている。


それに獣なら、青葉が見下ろした先にも一匹。

天井付近の窓には手摺で囲まれた細い通路。
そこからすぐ下、部長の姿。

三年生の部長、白部星一は毛束が太めのミディアム。
跳ねた癖毛は肉食獣の耳にも似ていた。
アーモンド形の尖った目許をしている所為もあり。
このくらい遠目だと、「白雪姫」の森に棲む動物役にも見えた。


GWの舞台は二年生が主演。
今や部長の彼も、去年は「ピーターパン」でフック船長を演じ切った。
迫力ある高笑いに見事な散り際。
悪役の演技が上手いのですっかり専門になりつつある。

青葉が中学三年生の秋、下見で行った学園祭での劇も覚えていた。
あの時も白部は悪役だったか。
演劇部に興味を持った切っ掛けでもあった。


「あー……もう、腹減った……」

一声鳴いた後、持参のパンを齧り始める。
確かに食べ盛りと云えど、白部は特にすぐ腹が減るらしい。
気付くといつも何か口にしているのだ。

演劇部は文系に見えて意外と体育会系。
練習前に走り込みもするので、役者でなくとも身体を使うのだ。
ただでさえ遅い時間なので空腹も仕方あるまい。
練習後には差し入れがある事も時々。


「望月ー、もう体育館閉めるから早く降りて来い。」

戸締りの確認後、青葉を見上げながら白部が言う。
バス通学組はそろそろ帰り支度をしなくてはならない時間だ。
勿論、そこには二人とも含まれる。

次のバスに乗車する部員なら他にも数名。
青葉にも声を掛けたのは律儀と云うより、一人で夜道を歩きたくないだけ。
か弱い女子でもあるまいに。
実のところ、白部は子供のように怖がりなのである。


「僕は大丈夫、すぐ追いつくから先に行ってて良いですよ。」
「ホラーなら死亡フラグだね、その台詞。」

青葉が軽く手を振った後の事。
静かに深い含みを持って、茶化す声が混ざる。


ふんわり柔らかい褐色の髪に、黒々と丸い大きな目。
臆病な肉食獣が渋い顔をする横、小動物のような彼は笑う。
白部と同じく三年生、庄子公晴だった。

可愛らしい外見と裏表なく砕けた性格。
先輩の威厳も何処へやら、部内ではマスコットとして親しまれている。
仕草も機敏なので舞台ではさぞ動ける役者かと思えば。
勿体ない話かもしれないが、公晴はずっと脚本担当だった。

文章を書くのが好きなのは結構。
しかし公晴の場合、一番の得意ジャンルが怪談なのだ。
故に、ちょっとした言動から惨劇を妄想してしまうのは癖らしい。


「いや、ちょっとね……電話するからですってば。」

冗談は軽くあしらうと青葉は携帯を取り出す。
笑ってみせても、物憂げな表情で。



鍵を閉めて、本日の演劇部活動はこれにて終了。
最後の挨拶を交わすと、皆それぞれ帰路へ。

「……もしもし?」

静まり返った体育館の前、青葉は一人きり。
囁き声が相手に届く。
携帯を当てて、しばらく話に耳を傾ける。



通話は呆気なほど短く済んだ。
少しばかり走れば、まだ白部達のバスに追い付く。

部活の間、ロッカーに置いておいた携帯。
幾つも履歴が残っていたので何となく内容の予測はついた。
そんな気がしていたのだ、前から。


着信は、高校で仲良くなった子からだった。
「付き合ってほしい」と、一息で青葉に伝える為。

断るのは、此方側としても気持ち良いものではないのに。


電話の相手は、演劇部での青葉の事をよく知っていた。
ドレスで着飾って指先までも艶やかに化けた舞台。
だからこそ、愛の言葉にこう付け加えられた。
「自分にとって青葉は女の子にしか思えない」と。

あの姿にだけ惹かれていたのだろう、"彼"は。
舞台から降りた青葉に目を向けず。


男子から告白を受けるのは初めてでなかった。
女装ばかりやっている所為か。
演じるのは楽しくとも、嬉しいとは思わないのに。

忠臣が好きなら、代わりの同性と試す事も考えなかった訳じゃない。
けれど誰にも触れず演劇に没頭していた。
好きでもない相手と付き合うなんて、あまりにも酷い行為。
此れ以上、自分が醜くなるなど青葉には耐えられない。


着信の通知があった時、忠臣からなら良かった。
そんな訳が無いのに。

劇のすぐ後、一本早いバスで彼女と帰って行った。
今頃は二人で楽しく過ごしている筈。
そうして置いてけぼりを食らいながら一年以上経つ。


もう一緒に帰る事も減ってしまった。
忠臣に彼女が出来たのはただの切っ掛けなのだろう。

元から"親友"と呼ぶ事すら違和感があったのだ。
別々の人間関係を築いて、距離が出来て、大人になる。
いつしかこんな感情も消えていく。

ああ、早く。
そうなればもう苦しまず済むのに。



← BACK   NEXT →



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

スポンサーサイト

2016.10.10