林檎に牙を:全5種類
鎧を脱ぎ捨てるとなんて身軽なのだろうか。

そう実感しながら、嵐山は午後の空を見上げる。
ロング丈のコートばかり着ていた冬はいつの間にか過ぎ去った。
もう太陽の下では要らなくなって、クローゼットの中。
眠たくなるほど麗らかな春の到来だ。

枯れたような並木道にも花が咲き、初めて桜だと思い出した。
視界一杯、見事に施された薄紅の化粧。
枝の伸びた上空だけでなく、零れた花弁で足元までも色付いている。


花を眺めているとつい無言になりがち。
そんな中、ふと視線を戻した嵐山は意地悪に笑った。

「間抜け面。」

とは云え、隣の梅丸に投げ掛けた声は冷たくない。
当人だって否定は出来ず。
よほど見惚れているのだか、緩み切っていた口許。
嵐山が下から手を添えて閉じさせた。

「閉じてろよ、誰も見てないからって気ぃ抜け過ぎ。」
「ん、上向くと口開いちまうもんだべ。」

言い訳一つの後、忠告通りに梅丸は口を引き結んだ。
クールそうに見えて意外と素直。
特に嵐山の言うことはよく聞くのだ、最初からそう云う関係。


二人きりの週末、ちょっとそこのコンビニまで。
いつか夏の深夜に浴衣で来た道。
季節が巡って距離も近付いて、今はとても穏やかな気持ちで歩いている。
春の陽光は後ろ暗かった物すら溶かし去ってしまう。

暖かくなって梅丸も軽装になったが、ワイン色のストールは外さない。
お気に入りだとかお洒落だとかは建前。
嵐山が首筋や鎖骨に刻んだ痕を隠す為だ、本当は。


こんな心地良い暖かさも束の間。
明日からは雨の予報、また肌に沁みる寒さが戻って来る。
桜もすっかり洗い流されてしまうだろう。
見頃は今日まで、コンビニまでの散歩は花見も兼ねて。

確かに桜の名所もあるが、わざわざ遠出するほどでもあらず。
実のところ嵐山はそこまで好きと云う訳ではなかった。

同時期に咲く桃も、あまり見ないふりをして素通りしてきた。
花自体に罪は無いが、嵐山にとっては仕方あるまい。
三月三日の雛祭り生まれ。
コンプレックスが刺激されて、負の感情が湧いてしまうのだ。

「木に咲く花より、僕はもっと小さい花の方が良いな。」

誰もが見上げてばかりになりがちな季節、そっと視線を下げた。
春は何も桜だけのものではないのだ。
木々の根元にはタンポポやシロツメクサなど野花も。
薄紅で埋め尽くされた土の上、違う色彩を持つ。


「葡萄に似てるんね、それ。」
「食べ物から離れろって。」

青や紫が好きな嵐山のお気に入りはムスカリ。
小さな花は丸々した鈴の形。
一本に沢山実っていると、梅丸が言う通り葡萄を思わせる。

それから。


「ユウ、これも好きだんべ?」

どうして分かるのだか。
ふと梅丸が足を止めて、呼び寄せて指差した花。

肩を寄せ合うように咲いていても、雑草なのでささやかなもの。
それこそ注意しなくては見落としてしまうほど。
これまたとても小さくて愛らしい水色の花。
ミニチュア版の忘れな草と云ったところで、よく似ている。

尖った性格とは裏腹に、可愛い物が好きな事。
知り尽くされているのは嬉しい反面、気恥ずかしさもある。
嵐山は素直に頷けなかったのはそう云う理由。

「そりゃ好きだけどさ……これ何だっけ。」
「キュウリ草な、葉っぱ揉むとキュウリの匂いするから。」
「安易っていうか可愛くない名前だね。」
「いや、まぁ、ハルジオンの貧乏草よりマシだがね。」


桜の根元、揃ってしゃがみ込む。
雑草をまじまじ見つめるなんて小学生の頃以来か。

いつもなら一人で行く、通い慣れた道。
こうして足を止めるのは梅丸と二人だからだろう。
何でもない事すら談笑の種。

友達なら少なかったけれど、嵐山はそれまで孤独でなかった。
昔から近所には和磨も居たし、公晴の家だって。
ただし、後者は「桜の下には死体」なんて怪談を始めそうだ。
都市伝説でなく立派な文学作品が始まりらしいけれど。


真下に居るので、降りしきる薄紅の雪を浴びる。
そうしていると花弁が一片。
やはり口を開けていたものだから、梅丸の口に舞い落ちた。

「だから閉じろって言っただろ。」
「ん、でも甘い気がする。」

慌てたり吐き出したりせず梅丸は呟く。
確かに桜にも蜜はある、鳥が寄って来るのはその為だ。

濃桃をした舌の先、柔らかな花弁。
そのまま梅丸の体温で溶けてしまいそうな儚さ。
妙に艶っぽくて心臓が鳴る。


「あ。」

一呼吸の間に、梅丸は花を呑んでしまった。
嵐山も味わってみたくて密かに落ち着かなくなっていた矢先。
その舌ごと絡め取ってしまいたかったのに。

キスしたい気持ちは置き去り。
やり場を失っては、どうすれば良いのか。


「ユウも桜食べたかったん?」
「別に……、それに外じゃキスとか出来ないだろ。」
「機嫌直しなね、コンビニで団子買ってやるから。」
「最初から買うつもりだったろ。」

疚しいような、苛立つような。
何となく梅丸の顔を直視できなくて立ち上がった。
急なものだから脚が痺れるのも構わず。

そんな嵐山を宥めて、梅丸は袖を引く。
実に手慣れた仕草で。

子供じみているが、引かれるまま歩くのは悪くない。
眩しい日差しと花吹雪の中では目を細めずにはいられず。
誰かに見られたってどうでも良い気分。

キスは家に着くまで取っておこう。
もう桜なんて消えて、団子の味だろうけれど。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

スポンサーサイト

2017.04.16