林檎に牙を:全5種類
薄闇が落ちる夕暮れは、女王が鏡に向かう時間。
息を整えて静寂が張り詰める。
そして今日も、何度となく交わした問い掛けを。

「鏡よ鏡、暗闇の底から出ておいで。世界で一番美しい女は誰?」
「それは白雪姫です。」
「何ですって?」
「髪は烏の濡れ羽、唇は薔薇、そして肌は雪。白雪姫は世界で一番美しい。」

“鏡”の声はそう淡々と告げる。
しかし最後の方は確かに、微かな震えが混じっていた。

それはやがて、凛と冴えた空気を壊す。


「……裏声やめろよ!笑かすなって灯也!」
「何なん、ユウが台詞合わせしろって言ったんだがね。女役なんか出来ねぇよ。」

先程までの無機質さは何処へやら、鏡は感情的に怒鳴った。
笑いを含んでいるもので全く怖くないが。
女王も雑な仮面を放り出し、首を傾げながら地声で返す。

練習にならず、それぞれ手元の台本を置いた。
何度も読み込んだりマーカーを引いたりページはよれよれ。
自分のパートだけならもう暗記しているのだ、本当なら読む必要はない。

芝居は掛け合い。
梅丸が女王になるのも、嵐山の為であって今だけの話。



外では桜の蕾が膨らみ、花を咲かせた枝もまばらに。
新生活を控えた春休みの事だった。
GWに演じる劇に備え、嵐山家に来ている時も自主練習。

この劇で早生学園の演劇部には伝統がある。

演目は童話、出演者は10人以上、そして新二年生に限られた。
普段なら裏方担当の生徒も、一つは希望の役でオーディションを受ける事。
今回に限りチャンスは平等に与えられるのだ。

三学期中から準備は始まり、嵐山は鏡の役。
台詞だけで舞台に上がらなくて済むから、なんて理由の希望だ。
要するに、あまり乗り気でなく駄目元のつもりだったのに。
「中性的でよく通る声が良い」と選ばれてしまい、面倒な事になった。


「それはそうと、次は俺のパート付き合ってもらえるん?」
「僕が白雪姫役?冗談やめろって。」
「だから、ユウから言い出したんだがね……」
「嫌なものは嫌だよ。」

梅丸も狩人役の方で選ばれたのは、少しばかり驚いた。
確かに彼が希望しそうなのはそれくらい。
普段は大道具係なので、演技が出来るなんて思いもよらず。

一方の嵐山と云うと衣装係。
配役が与えられているのである程度なら免除されるが、兼任で仕事していた。
正直なところ、梅丸の衣装だけは誰かに任せたくなくて。
和裁の方が得意でもミシンだって使える。


ちなみに白雪姫と女王も中学校の同級生だったが、どうでも良かった。
嵐山は他人に興味が薄いので顔や名前を覚えない。

鏡も狩人も邪悪なる女王の手下。
そこを考えると、演技でも何となく腹立たしい気分になる。
狩人なんて命令に背いてまで白雪姫を助けるのだ。
ただ美しい少女だからと、それだけの理由で。

梅丸は自分の物なのに。

嵐山が森の場面での台詞読みを断ったのも、そう云う事。
白雪姫役をやりたくないだけじゃなかった。
「お逃げなさい」なんて梅丸の優しい声、聞きたくもない。


「ユウもよく嫉妬するけど「他人が羨ましい」とは違うんね。」
「そうだね……、僕はただお前が取られるのが嫌なだけだよ。」

嫉妬には二つの種類がある。
独占欲が強い事と、自分より優れている者を羨む事。
嵐山は前者であり女王は後者。
梅丸が情を向ける相手になりたいなんて、考えた事も無かった。

とげまると遊んでいる時だって。
どちらも自分の物なのに、仲間外れにされるようで面白くないだけ。

梅丸の掌に収まりたいとか、とげまるに指を舐められたいとか。
そんな甘え方をしたい訳ではないのだ。
少し意地悪するのが嵐山にとっての愛情表現。


「それはそうと、腹減ってきたんね。アップルパイ作るべぇか。」
「ん、毒入りじゃなければ。」

今度こそ本は閉じられて、そろそろお話も終わり。
夢から覚めるように現実へ戻る頃。

眠れる毒なんて入っていなくとも、アップルパイは媚薬。
梅丸が腕を振るってくれるのは嵐山だけなのだ。
自分の為に焼いてくれるなんて、それだけで胃だけでなく心まで掴まれる。

腹が膨れ切ったって共有するのは二人だけ。
誰にもあげない、それは特別な甘味。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

2017.04.03 
林檎に牙を:全5種類


ういちろさんから頂きました、嵐山×梅丸です。
あのバスが来るまで」の夜の事。
思いがけず下着お揃いになってしまって、照れ臭い嵐山君なのでした。

BLの上におパンツ一丁なので、二人とも際どい恰好なんですけども
ちび化のイラストなので生々しくならずひたすら可愛い…!
それでも身体つきや肌の色を描き分けて下さってるから
差が浮き彫りになって面白いですな。
本文書く時に調べたら、コンビニの男性下着はトランクスばかりで
メーカーによっては布に余裕なくて履き心地悪いとかの情報も。
体格が違うから、同じ物を身に着けてもそこでも違いが出てくるんだろうなーとか
考えたら微笑ましい気持ちに(´∀`*)

ういちろさんありがとうございました!

2017.03.26 
林檎に牙を:全5種類
エンドロールが流れれば、夕暮れの部屋はより一層に暗くなった。
映画が始まる前はまだ明るかった空。
灯り点けずに浸っていたものだから、時が経った事は鮮やかに感じる。

梅丸の隣、白い手がひっそりと蠢く。
リモコンを探し当てると音楽すら消えて、完全な闇に包まれる。

「二本目も観るぞ。」
「いや、後にすんべぇ。飯も風呂も遅くなるがね。」

静まり返った中に気丈な声。
ソファーから立ち上がろうとする嵐山を制して、梅丸は伸びを一つ。
まだ制服も着替えない金曜の夕方。
二人きりの週末は始まったばかりなのだ、急く事もあるまい。


実のところ、灯りの事を忘れていた訳ではない。
スイッチはせいぜい数歩の距離なので、面倒なんて怠惰にも程がある。
ただ、嵐山を見ていたらなかなか腰を持ち上げられなかった。

テレビの光で時折浮かび上がる、強張った横顔。
「二本目も」なんてよく言う。
嵐山が虚勢を張っているのは梅丸も見抜いていた。
ほんの短い間でも置いて行くなんて出来ず。


映画「六番目の人形」は若くして亡くなった娘と父親の悲劇。
人形に娘の魂を移す儀式の為、父親は同じ年頃の少女を惨殺していく。
最後の生贄に選ばれてしまったヒロインは、娘の亡霊に助けを求められる。
自分はもう休みたい、父の凶行を止めてほしいと。

儀式から解放された娘は無事に永遠の眠りにつき、ラストシーンは涙。
しかし思い返せば、辿り着くまでの道のりが血塗れだった。
そこを考えると綺麗に終わったとは言い切れない。

それに、ヒロインの前に娘が現れるシーンがどれも心臓に悪かった。
一瞬カメラワークが変わったと思えば”其処”に居る。
娘は必死に意思を伝えようとしているだけ、と判明するのは後半の話だ。
命を狙いに襲い掛かっているとしか見えないうちは恐怖の連続。


映画のDVDを借りて来たと、テレビの前へ誘ってきたのは嵐山から。
あまり表沙汰にはしていないが、彼の祖父は脚本家。
代表作に数えられるので孫として一度は観ておこうと思ったらしい。

エンドロールに記された「荒井新月」の名。
嵐山と改めて付き合い始めた頃、紹介されて梅丸も会った事がある。

褐色の髪と小柄な点は遺伝を感じさせ、少し笑いそうになった程。
ふさふさした毛並みに丸い黒目、仕草も小動物を思わせる老人だった。
顔を知っているからこそ驚かされた。
こんなに粘り気のあるホラーを書くとは、人は見かけによらない。

いや、作品と人柄は別だなんて今更か。

その祖父とよく似た公晴の小説はホラー専門。
嵐山も尖った態度と裏腹に、羊毛フェルトで可愛い動物を作り出す。

不良にも見られがちな梅丸自身だってお菓子作りが得意。
そこを突かれると「こんなものか」と理解せざるを得なくなる。
一人で納得して、今度こそソファーから退いた。
いい加減、腹も減ってきた頃。



「風呂、ユウが先に入るん?」
「え……あー、そうだな……」

夕飯は簡単に済ませた後、湯が沸いたと告げるガイダンス。
着替えを用意しながら訊ねたら一瞬の空白。
確かに頷いたものの、嵐山の態度はどうも曖昧だった。


理由を考えて、すぐに思い出した事。

昔から水場は怪奇と相性抜群。
そう云えば、入浴シーンでも亡霊は姿を見せたか。

不意に湯船からゆっくりと絡み付いてくる、長い黒髪。
耳にこびり付いたヒステリックな悲鳴。
演出自体はありきたりなので展開の予想はついたけれど。
ある程度ヒロインが肌を晒していても、色気より恐怖の方が勝った。


映画がホラーだと云う事くらいDVDジャケットを見た時から丸判り。
当然、事前に嵐山も知っていた筈である。
「幽霊なんて馬鹿馬鹿しい」と一蹴するかと思いきや、それが最も意外。

かと云って、観賞中の様子から察するにそれほど得意でもなさそうだった。
普段、誰にも隙を見せないようにしている嵐山の事。
とげまるの餌に与えているくらいなので、気味の悪い虫すら平気。
そんな彼が少し怯えた雰囲気になったのはとても貴重。

そして、やはり可愛い。
結局のところ行き着くのは愛おしさなのだ。


「あのさユウ、やっぱ一緒に入っても良いか?」
「何だよ、順番くらい守れよ。」
「頼ってくれたって良いがね。椅子になってやるから。」
「ん……、それなら良い。」

「怖い」なんて口が裂けても言えやしない。
そうして意地を張る様が好きなので、此れで良いのだと密かに笑う。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

2017.03.20 
林檎に牙を:全5種類
「物に触る時って、指より先に爪が当たることない?」
「……何ですか急に。」

神尾が話を振って来るのは、いつだって脈略が無い。
こんな返答なんて今更。
問い掛けの中身はとりあえず無視して、遼二が顔を上げる。


今日初めて、小さな音楽準備室で交わされた言葉だった。
触れ合うか眠る時以外はそれぞれ好きな事をして過ごす場所である。
入室した時だって会釈する程度。
だと云うのに、神尾から繋がりを求めた理由は。

「あぁ、紙で切ったんですね。」

静かに台本を読み込んでいると思ったら。
それも指でなく、爪の間を。
三日月に似た白い部分が赤く染まって、見ているだけで痛々しい。

それにしても、怪我した時くらい顔を歪めたって良いのに。
紙で指を切ると下手な刃物より痛む筈。

神尾は変わらず、乱れ気味の髪に呆けたような無表情。
ぼんやりしているからだ、全く。
そう思いつつも言葉で伝えるのはやめておいた。
塩を塗り込むのは流石に遼二も気が咎めて。


「早未、絆創膏取って。サイドポケットに入ってるから。」
「え、僕ですか……」

血の滲む指を咥えながら、もう片手で神尾が自分のリュックを差す。
確かに両手が自由な遼二に頼む方が良いだろうけど。
許可を得ていても、他人の鞄を開けるのはあまり気が進まない。

それも神尾はやたらと荷物が多いのだ。
何をそんなに持ち歩く必要があるのか、背中がすっぽり覆われるリュック。
サイドポケットなんて三つも四つもある。
探れば探るほど可笑しな物ばかりで、遼二も一苦労。


しかし肝心の絆創膏はなかなか出てこないので苛立ちも加わる。
荷物を引っ繰り返す手が少々荒くなった頃、やっと発見。

渡して終わりかと思えば、今度は傷付いた指を差し出された。
貼るまでが頼み事と云うらしい。
そのくらい自分でやってくれないだろうか。

「水で洗ってからの方が良くないですか?」
「だって、水道遠いし。」
「舐めた後に絆創膏って菌が繁殖するんじゃ。」
「別に良いよ、なんか早未に貼ってほしい気分だから。」

恥ずかしげも無く真っ直ぐに言ってくれる。
恐らく何も意図が無い故に。
こんな形でも、甘えられると遼二の方が困惑してしまう。

断ったら大人しく引き下がるとは思う。
その理由を考えたら「何となく」としか答えられないが。

それはそれで気持ち悪い物が残りそうで、遼二は溜息を吐いた。
面倒事なんてさっさと済ませるに限る。
神尾の傷が後で痛んだって知った事ではないのだ。
そう考え直すと、絆創膏の紙を剥がした。


「コレ見るたびに早未のこと思い出しそう。」
「僕が傷付けたみたいに言わないで下さいよ。」

保護された指先を眺めながら、神尾が聞き捨てならない事を呟く。
その言葉にはきっと意味など無いくせに。

とは云え、含みがあったとしてもどうせ変わらず。
恋人同士だったら嬉しかったかもしれない。
聞こえようによっては甘い言葉。

けれど付き合っている訳でもなく、恋愛感情も無いのはお互い様。
遼二の事を想われても、だから如何だと。
冷たいようだがそんな感想しか出てこないのだ。
それに、神尾だって他に触れる相手は居るくせにとも。


「近くで見て気付いたけど、早未も爪短いんだね。」
「まぁ、飲食店でバイトしてますし。」
「駅ビルのカフェだっけ、今度おれ行っても良い?」
「遊び相手とも来たって良いですけど、僕とは他人のフリして下さいね。」

近付いた手を改めて見比べてみた。
男同士でも幾つもの差。

神尾の方が身長もあって一回りほど大きい。
水仕事で荒れ気味の遼二よりも潤い、造り物じみて綺麗。
そう云えばお坊ちゃんでもあったか。
苦労なんて知らなそうな手。

此れだから人形と云うか悪魔と云うか、人ではない雰囲気があるのだ。
そんな中に巻かれた絆創膏。
一度は舐め取った後でも、ガーゼ部分には赤い染み。

彼にも赤い血が流れているのだと、何となく関心した。
当たり前の筈なのに。


「神尾も人間だったんですね。」
「あー、たまに言われる。」

本気でそう思っている訳ではないが、冗談でもなく。
少しだけ笑って空気が解けた。

切り口から流出した物に、名前はまだ無い。



*クリックで応援お願いします

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村


小説(BL) ブログランキングへ

2017.03.13 
林檎に牙を:全5種類


ういちろさんから頂きました、嵐山君です。
3/3が嵐山君の誕生日なので、前回の梅丸と対で時代劇verを。
老舗呉服屋の若旦那です。

梅さん、とげちゃん、時々おこんじょ12~嵐山誕【交流コラボ】

今まで嵐山君は紫の印象強かったのですが、緑も素敵。
可愛い顔立ちなのでパステルカラーが似合いそうなんだけども
しっとりした濃い色を着こなしてくれるのはイメージ通り(・ω・*)
本編でも和裁するし、家でも浴衣を部屋着にしてそう。

時代劇の方では梅丸を囲ってて立場の違いが萌える…
若殿の健司君と仲良しらしいので、そっち妄想するのも楽しいです。

ういちろさんありがとうございました!

2017.03.08